スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麻生首相の施政方針演説、他

どーせニュースではマスゴミどもが自分らの都合で編集したのしか
聞かせてもらえないと思って、国会中継で全部聴かせてもらいましたにゃ。

最初の謝罪は、そもそも「必要のない謝罪」やったやん、というのはさておき、
…いやぁ、まさか施政方針演説で爆笑できようとは(^O^)!
あれってまさしく「喧嘩上等」ぢゃないですかっっ!!!!!
思いっきり民主党はじめ夜盗もとい野党に喧嘩売ってますがなwww
痛快々々(^_^)
いっそ、同じ喧嘩上等なら、前国交相の辞表も受理しなきゃよかったのに…
ま、選挙なんてこの際蹴飛ばしちまって、どんどん経済政策やって下さいにゃm(_ _)m
(どーせマスゴミと公明党と野党がわーわー言うてるだけなんやし)

中川(酒)殿の財政演説も聴かせて貰いました。
首相の後だけに、「意外と大人し」く聞こえましたが。
おかげで首相ほどには内容が頭に残ってなかったりする
(↑おいおい、何のために聴いてたねん?)


んでもって、せっせと辞任してきたこちら様はと言えば…

今度は大阪引き合いに=職員組合を批判-中山氏
 「民主党が政権を取れば、日教組、自治労の支援を受けているので、日本が大阪府みたいになる」-。国土交通相を辞任した中山成彬氏は28日の記者会見で、大阪府を引き合いに日教組など職員組合を批判した。教員採用をめぐる大分県の汚職事件に関して「日教組の子どもは成績が悪くても先生になる。だから大分の学力は低い」とした発言については、「名指しで言ったのは申し訳ない」と陳謝したが、今度は大阪府に矛先を変えて職員組合を攻撃した形だ。
 この中で中山氏は「大阪府は長年、職員組合と癒着関係にあり、職員の給料が高い。ヤミ手当や裏金もあり、財政破綻(はたん)にひんしている」と述べた。その上で「橋下徹知事は職員組合の支援を受けず、広く府民の支持を受けているから、命懸けの改革ができる」とした。 (了)
(2008/09/28-16:09)



時事ドットコムからの引用です。「痛いニュース」さんでも取り上げられてますが、
たははは…(^_^;;;;;
我輩も大阪府民にゃんだけど、これは納得するしかないわ。
大阪府か大阪市かにゃんてもんじゃなくてさ、
わが輩の住んでる大阪府某市なんぞは
「(給料上げろなんて言うてるけど実は)全国一
教職員の給料が高い!!!」

って親から聞かされてましたよ、それも我輩が中学生の頃に。
実際はもっと前からなんぢゃにゃいの?

こちらも喧嘩上等ってやつですな。
そーやって、日教組イラネ(他の全教とかもいらんけど)」世論をどんどん広げるきっかけになりゃいいんでないか、と思いますにゃ。
その「日教組の教育」の元被害者にして国籍変更まで検討しちまった
我輩としては、解体は解体でも、ぜひぜひ
           「破防法による解体」
に持ち込んで貰いたいもんです。
そんな署名、どっかでやってにゃいのかな?
あったら喜んで署名に行くんだけど…。

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

私書箱

池袋の私書箱の紹介です
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。